特定外来種のアライグマ|繁殖する前に駆除をしよう

快適な生活ができる日本

悩む女性

アライグマ被害の多くは農業関係者の頭を悩ませるものとなっています。手先が起用なことで知られるアライグマは、土に埋まっている野菜を掘り返して上手に食べてしまいます。また、スイカやメロンなどのフルーツも被害に遭っています。一年をかけ、丹精を込めて育てた農作物が食い荒らされてしまうのはとても腹立たしいことです。一般人には関係ないと思っている方もいるでしょう。関係ないということはありません。田畑が荒らされて収穫量が少ないと、それだけ価格の高騰を起こしてしまうからです。家庭に並ぶ野菜や果物の値段が高くなったら家計を苦しめる原因になってしまいます。道や畑で目撃したら駆除を依頼しましょう。日本には様々な外来種が生息しています。しかし、アライグマほど日本の環境に馴染んだ動物はいないでしょう。日本には天敵になる大型の肉食動物もいません。一年中身を隠すことができる場所も多くあるので、まさに楽園のような場所なのではないでしょうか。北海道はとても被害が多く、自治体が率先してアライグマの駆除を行っています。北海道は自然豊かな場所なので、渡り鳥なども多く飛来して羽を休めます。1997年はひどいもので、子育てのために飛来したアオサギの卵をアライグマが食い荒らしたという事件が起こりました。アオサギはその翌年から北海道のその地域には飛来しなくなったようです。一度身の危険を感じるとなかなか戻ってくることはないでしょう。自然環境にも影響を及ぼす動物なので、駆除業者に駆除を依頼しましょう。